屋根裏に住み着くネズミ対策は超音波ねずみ駆除器の”ネズミの引越DX”にお任せ

ネズミ駆除とその対策

自宅にネズミが出て困っている、庭にネズミが住み着いていて困っている、自宅周辺でネズミを見かけて住み着かないかと不安になっている等々、ネズミに関する不安や困りごとを抱えている方は少なくないかと思います。

ネズミが身近な問題であるのは、日本には30種類近くものネズミが生息し、市街地に住み着いてしまっている、いわゆる家ネズミと呼ばれるネズミもいるからなんです。ネズミの繁殖力たるや凄まじく、年に5、6回は子どもを産みますから、住み着かれてしまったら後は駆除しなて対策を施さない限り増える一方とも言えます。

自分でネズミ駆除をするなんて無理!という方は、ネズミ駆除を専門に行っている業者や害虫などの駆除と同様にネズミ駆除も行っているといった業者などに依頼して行うことができます。ただし、自分でやるよりも費用が高くつきますから、一度どのくらいかかるかの見積もりを出してもらってから実際にネズミ駆除を依頼するようにした方が良さそうです。

業者に頼む前に自分でネズミ駆除をやってみるという方は、ホームセンターなどでネズミ駆除グッズが色々と販売されていますから、そういったグッズを買ってきて、チャレンジしてみるのが良さそうです。

ネズミ駆除グッズには生きたまま捕獲するための粘着シートや、粘着シートと併用するとさらに効果的なゲージ、生きたままの捕獲ではなくて殺してしまうための殺鼠剤などがありますので、どのタイプを選ぶかは自分次第です。

どのタイプのネズミ駆除にも共通していえますが、まずはネズミのよく出没する場所、よく通る場所、エサ場となっている場所などを、あらかじめしっかりと調べておくことが重要です。

また、それと合わせてネズミのエサとなるような食品や残飯などは、整理整頓するなり処分するなり、必ずネズミ駆除対策を行う前に片づけておくようにしましょう。それを怠ってネズミ駆除対策を行っても、効果が半減してしまう可能性がありますから注意して下さい。

ネズミ駆除対策を行って、ネズミを実際に退治できたら、また悩まされることがないようにその後の対策もしっかりと行っておくことが大切です。ネズミを駆除したからといって、また住み着いてしまうという可能性はゼロではありませんから、その後の対策をしっかりと行うことで安心して暮らせるようになるものです。

ネズミはちょっとした隙間から入り込み、エサとなるような食品や残飯があれば、そのまま住み着いてしまうものです。ですから、ネズミ駆除が済んだら、その後はしっかりと食品や残飯の処理を意識的に行い、ネズミの侵入口となりそうな隙間はネットなどで塞いでおくようにしましょう。ちょっとした心がけ1つで、ネズミ対策になりますから。

CONTENT

HOMEへ戻る